コストコを年会費無料で利用する方法

いまや熱狂的なファンがいる大型倉庫点「コストコ」。見たことない海外の日用品や、大きいピザや大量のお肉といった大容量の食品など、買い物に行くというよりフードテーマパークとして、一日遊びに行く感覚の人も多いようです。

コストコの会員になるには高い年会費が必要

しかし、コストコは日本ではなじみのない会員制(メンバー制)です。会員にならなければ、買い物どころかお店に入ることもできません。しかもその年会費はなんと4,000円(税別)!!※個人の場合

コストコの年会費が高い理由には、コストコで買った商品に不良品があった場合に無期限で返金する保証のためだったり、商品を安く提供するために大量仕入れの資金源だったりするわけです。といっても一般の主婦の感覚からするとちょっと高過ぎです。(近くに業務スーパーもあるし)。

しかし多くの人が、コストコに訪れ週末には行列を作り、コストコの食材のレシピをネットで自慢したりする現状を見ると、高い年会費を払う価値はありそうです。

コストコの会員の仕組み

コストコの年会費4,000円を無料に

コストコの年会費は4,000円(税別)

コストコの年会費は4,000円(税別)

近くにコストコがあるなら、年会費が一年で4,000円といっても月になおすと333円。月4回行けば一回80円足らずなので十分年会費の元はとれそうです。ただし近くにコストコがなく、車で片道2時間かけて高速代が4,000円かかる人からすると、いくらフードテーマパークといってもハードルが高すぎます。当然その高い年会費のため「いってみたいけど元が取れるかどうか」と躊躇している人も多いのではないでしょうか。そこでコストコの年会費を払わずに無料で利用できる方法をいくつかご紹介します。

すでにコストコ会員の友人と一緒に行く

コストコの会員であれば大人二人まで一緒に入店することができます。ただし実際に商品を変えるのは会員本人だけなので、後で商品を分けたり、自分の買った代金を計算したりと手間がかかるのが難点。

気をつけたいのは、コストコの食品は大容量なので、一緒に行った人でシェアすることがよくあります。気軽に断れる関係の人でないと、あれもこれもと自分が必要のないものまで買うはめに。

仲の良いコストコ会員の友人や知人がいるなら、一度試しに行ってみるのもありです。

ワンデーパス(1日招待券)または商品券を利用する

可能入店が可能なワンデーパス(1日招待券)は1人1回のみ利用できる。またギフトに利用されるコストコの商品券(5,000円or10,000円)あれば、コストコに無料で入店ができます。

いずれもヤフオクなどのオークションなどで購入可能で、ワンデーパスが300~500円程度、商品券が約10%増し(5,000円の商品券なら5,500円程度)で出品されています。

コストコのワンデーパスをオークションでGETする

コストコの年会費を払わずに商品を買えますが、購入金額に5%が割増されます。最近近くにコストコができて一度行ってみようという人にはおすすめです。

年会費を払って会員になり1年以内に解約

コストコの会員の仕組みに、入会後1年以内の退会であれば全額年会費が戻ってくるという仕組みがあります。もちろん入会後364日後に退会しても年会費が戻るので、ほぼ1年間年会費無料でコストコを利用することができます。

ただし、退会から1年間は再度会員になることができなくなるので注意が必要です。とりあえずお試しでコストコを利用したい人は、高い年会費を払っても安心して使い続けることができます。

まずは一度いってみよう

今コストコの店舗は、日本で20店舗あり、今後も増えて行きそうな感じです。

上記の方法なら、コストコの高い年会費は無料で利用できるので、アメリカンナイズなショッピングを体験しに一度行ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加