お金を貯めたいなら積立預金で自動的に貯まる仕組みを

自動的に貯まる仕組みが大事

お金を貯めたいと思っている人のほとんどが、毎日の支出を節約して、月末に余ったお金を貯金しようとしている人が多い。

ただし、自分の欲しいものをガマンできず、ついつい買ってしまうことになり、なかなか貯まりません。支出をコントロールするのは難しいものです。

お金を貯める確実な方法は、収入をコントロールすることです。自分の手元になければ使いようがありません。毎月決まった額を強制的に天引きし、使えないようにすることで、一定額は確実に貯まっていきます。

会社の制度を活用

勤務先に「財形貯蓄」などの制度があるなら利用しましょう。会社に制度があるかどうかわからない人は、勤務先の総務課や人事担当者に確認してみてください。

「財形貯蓄」の良い点は、毎月の積立額を途中で変更したり、ボーナス月だけ貯蓄額を増やすのも簡単にできること。また、一般的には銀行に預けるよりも金利が優遇されているのも良い点です。

銀行の積立定期預金を活用

勤務先で財形貯蓄の制度がない場合は、銀行の積立預金を活用しよう。自動積立定期預金の口座は、大手の銀行ならネットバンキングや、メールオーダー(郵送の申し込み)などで申し込めるので平日の昼間にわざわざ銀行に行く必要はありません。ATMで積立口座が開設できる銀行もあります。

自動引き落としの金額に悩んだら1万円に

積立を始めるにあたって「積立の金額はいくらにしよう?」と悩むところですが、悩む前にとにかく始めることが大事です。

実際積立の額は「自分が無理なく貯められる金額」にするのがベストです。あまり無理して、生活費が足りなくなり積立を解約してしまうのは本末店頭ですし、余裕を残してしまうと、月末にムダつがいをしてしまいます。

ただ、積立預金をやったことがない人が、「自分が積立に回せるぎりぎりの金額」を最初から把握するのは難しいものです。ですので、いくらにしようと悩むより前に積立をスタートしてみることです。早く始めれば始めるほど貯まる金額も増えますし、悩んでいると「さあお金を貯めよう」といった意気込みも時間とともに薄れていってしまいます。

まずは、「毎月の収入の10%」もしくは「1万円」からはじめてみましょう。それから3か月程度様子を見て、「節約しているのに月末に足らなくなる」とか、「思ったより余裕があるのであと5千円増やせそう」という過不足が生じれば、その時に積立金額を見直せばよいのです。実際に始めてみることが、自分に最適な積立金額を知る最短の方法です。

積立預金のまとめ

なにより大事なのは、自動的に貯まる仕組みを用意することです。細かいことは気にせずに「お金を貯めたい」と思ったら、すぐにスタートしましょう。

ポイント 毎月決まった額を天引き。積立の金額はまずは1万円に設定して、いち早くスタートしてみることを優先しよう。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加