ネット通販の定番Amazonでさらに安く買う方法

Amazonでもっとお得に買う方法は?

書籍の販売からはじまった、今ではネットショッピングの定番である「Amazon(アマゾン)」。便利で安く、商品もすぐに到着するので重宝している人も多いことでしょう。

そんなお得なAmazonでもっと安く商品が買える方法をご紹介します。

Amazonのタイムセールをチェックする

もともとお得なアマゾンの通常価格より、さらに安く買えるのがアマゾンの「タイムセール」。開催日や開催曜日は商品のカテゴリーごとに違うので、上手に利用するのが賢い方法。

商品によっては数量限定なので、欲しい商品があるなら必ずチェックしておきたい。タイムセールのほとんどが0時スタート(ペット用品は8:00、食品&飲料は10:00スタート)なので、毎日深夜0時~はパソコンやスマホの前にスタンバイが基本です。

タイムセールのスケジュール

商品カテゴリー 開催時刻
ホーム&キッチン 00:00~23:00
Kindle本 00:00~23:59
ファッション 00:00~23:00
カー&バイク用品 00:00~23:00
ヘルス&ビューティー 00:00~23:00
食品&飲料 10:00~23:00
家電&カメラ 00:00~23:00
パソコン・周辺機器 00:00~23:00
文房具・オフィス用品 00:00~23:00
楽器 00:00~23:00
DIY・工具 00:00~23:00
ベビー&マタニティ 00:00~23:00 不定期
スポーツ&アウトドア 00:00~23:00 不定期
ペット用品 08:00~23:00 不定期

Amazonで〇%オフの激安商品を素早く見つける方法

本だけしか売ってなかったアマゾンが、今や家電製品やパソコン、食品やファッションまで、あらゆるジャンルの商品をネットで販売しています。

新しい本の値引き販売は、原則独禁法により禁止されていて、Amazonとはいえ割引価格で購入することはできません(中古本を除き)。しかし、その他様々なジャンルの商品は、大幅に値引きされた価格で買えるものもあります。

そんな割引商品を、Amazonで簡単に素早く探す方法をご紹介します。

Amazonで〇%オフ商品の探し方

やり方は簡単で、検索結果のアドレスに「&pct-off=50-」を足すだけ。「&pct-off=50-」を足すと50%オフ以上の商品だけが表示されるというもの。

80%以上の割引商品を表示したい場合は数字の50を80に書き換えて「&pct-off=80-」をアドレスの末尾に足すだけ。「&pct-off=50-80」とすれば、50%~80%の割引商品が表示されます。

数字は自由に書き換えることができるので、たくさんの商品が表示されるAmazonでも、このテクニックを使うと簡単にお得で安い商品を素早く探すことができます。

何か商品を探していて、検索結果に表示される商品数が多いときにも使える便利なテクニックです。

〇%オフ商品の探し方の流れ

(1)Amazonトップページの左上ロゴ下の「カテゴリーからさがす」をクリックして希望のカテゴリーを選ぶ(例では「ホーム&キッチン」を選択)

Amazonで希望のカテゴリーを選ぶ

(2)カテゴリのTOPのページで、検索ボックスに希望の商品名などを入れて検索(特定のものを探していない場合は何もいれずに検索をクリック)

検索結果を表示する

(3)検索結果画面のブラウザのURLの末尾に「&pct-off=50-」を入力(コピペでも可)

検索結果のアドレスに特定の文字を入れる

Amazonの定期便を使って割引率アップ

Amazonの中で便利なサービスが「定期おトク便」。お米や飲料水、紙おむつといった、継続して購入する必要がある商品を、一定期間で購入できます。

自分の好きな指定して頻度で配送してくれるので、定期的にお気に入りの商品をわざわざ買い物にでかけずとも、自宅に届けてくれる便利なサービス。

Amazon定期便の対象商品

対象商品は「定期おトク便で注文」という表示がある

またこの定期便は、通常の価格から毎回最大10%オフという「定期おトク便の割引」が適用され、買い忘れる心配もありません。しかも毎回送料は無料です。(代引手数料、取扱手数料を除く)

配送期間は1~6ヶ月の期間で配送頻度も指定でき、いつでもキャンセルできるうえ、支払いは商品の発送ごとと便利さとお得が両立しているサービスといえます。

Amazon定期おトク便の利用方法

  1. ステップ1:定期便対象商品を選ぶ
  2. ステップ2:カートで必須項目を選ぶ(配送頻度や数量など)
  3. ステップ3:支払方法などを入力
  4. ステップ4:申込み完了で初回の配送手配へ
Amazon定期便の利用の流れ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加